新事業開発

新事業開発戦略

新事業開発本部は、製品・技術におけるマーケットの開拓や拡大、さらにはM&Aや他社とのアライアンスを通じて事業領域を拡大することを使命としています。 

一つ目のテーマは、『既存事業の拡大』と『新規製品』により事業領域を拡大することであり、「開発センター」が担当しています。『既存事業の拡大』は、既に事業化している製品を別の用途や市場へと展開し、新たなマーケットを切り開くことを目的としています。『新規製品』は、研究開発本部と共同で自社技術により開発した新しい工法や技術を使って、新規事業を創出することを目的としています。

二つ目のテーマであるM&Aや他社とのアライアンスは、マーケットイン型の事業創出として「事業戦略室」が担当しています。「事業戦略室」は、特により市場規模が大きい北米・欧州・中国に着目し、各拠点にNBD(New Business Development)Teamsを組織しグローバルで戦略を立て推進しております。どの拠点でもJSPグループが得意とする発泡技術の応用や加工技術との複合を用い様々なマーケットへの製品展開を目指しています。

開発センター外観

新事業開発体制

ショールーム

このショールームはJSPのブランド力向上を目的に、発泡製品の価値や、サステナビリティの要素なども盛り込んだ
JSPの目指すべき将来像をテーマとしています。

ページの先頭へ