研究開発

JSPグループは、省資源・省エネルギーという特長を持つ発泡プラスチック技術を基盤に、社会から必要とされる企業を目指し、サステナブルな新製品・新技術の開発に取り組んでいます。
当社グループの製品群の多くは、研究者達の技術的創作活動によって生み出された種が育成され、花開いたものです。
研究所では、当社グループのコア技術である押出発泡技術とビーズ発泡技術を更に発展させてイノベーションを起こし、新たな付加価値を社会に提供するために日々切磋琢磨しています。そして生み出された新たな付加価値は、研究者達と専門家集団である知的財産室の連携によって質の高い強力な知的財産権に仕立て上げられ事業活動の優位性が確保されております。
新たな技術の種は生まれても簡単には育つものではありませんが、情熱を注ぎ込んで一つひとつ壁を乗り越えて行った先にようやく花芽と出会えるのです。

基本方針

経済的価値だけではなく、様々な課題を解決する社会的価値の拡大

- 4つの成長エンジンと環境に配慮した新製品・新技術開発

  •  ※自動車部品,建築住宅断熱材,FPD関連保護材,新たな事業領域

- 顧客ニーズの変化の予測

サステナビリティ経営を通じたブランド価値の創出

- プラスチック環境問題に対する最適解の追求

経営基盤の強化

- 法令順守と環境・労働安全衛生の推進

- JSPグループ戦略的特許出願の推進

研究体制

JSPグループは、省エネ・省資源など地球エネルギー資源の保護及び地球環境への配慮を基本として、社会・市場からの要求を先取りし、ユーザーから信頼される製品を提供できるよう研究開発活動を進めております。
研究開発は二つの研究所(四日市研究所及び鹿沼研究所)を拠点として、各事業部の開発部門、生産技術部門及び国内外関係会社との連携、更には社外関係先との協業を図りながらグローバルな視点で行われております。両研究所は当社グループの中核技術である発泡技術と関連する得意技術を活用して、現行製品の品質・性能の改善及び新たな高機能製品群の開発に取り組んでおります。主として、四日市研究所はビーズ発泡技術、鹿沼研究所は押出発泡技術で新技術、新製品の開発を進めております。更に、開発された新技術、新製品は、戦略的かつ速やかな特許出願により知的財産権の確保に努めております。

四日市研究所

JSPグループの得意とする重合技術およびポリマー結晶制御技術を生かした高機能性製品群の研究開発に取り組んでおります。
高度化、多様化するグローバルな市場要求に応えるため、ポリスチレン、ポリオレフィンといった従来の発泡素材をベースに耐熱性や難燃性を高めたグレード開発のみならず、バイオプラスチック、エンジニアリングプラスチック、軟質系樹脂等をベースに、様々なビーズ発泡体の研究開発を進めております。また、快適環境を実現するための市場に特化した製品群、高性能断熱材料、吸音材量、電波吸収材料等の開発も進めております。
ブロー成形とビーズ形成を融合した表皮一体型ビーズ発泡「FOAMCORE」に関しては、軽量かつ高強度という特性を形状設計技術により深化させ、既存の住宅設備やフロート分野に加え、国内外を問わず自動車分野等へのアプローチを拡大しております。
ブロー成形と押出発泡を組み合わせた発泡ブロー成型品「スーパーフォーム」に関しましては、軽量性、断熱性、消音性の特性から自動車および農機のエアコンダクトに採用されております。特に自動車用では、国内での採用車種が一層増えているとともに、海外からのアプローチも増えつつあります。新たな用途・分野拡大のため、高機能品開発を引き続き進めてまいります。

- 重合技術およびポリマー結晶制御技術を利用した様々なビーズ発泡製品の研究開発を行っています。

鹿沼研究所

長年進化を続けた押出発泡技術をベースに、混錬技術および複合化技術を利用した高機能な押出発泡製品の研究開発に取り組んでおります。
食品包装分野では、需要が拡大している電子レンジ対応容器向けに新たな価値を付加した耐熱発泡ポリスチレンシートを開発しております。また通常の発泡ポリスチレンシートについても更なる軽量化に対応できるよう開発を進めております。ディスプレイ資材分野・産業資材分野では、需要拡大を目的として、多様な素材をベースとした様々な機能を持つ発泡シートを開発しております。建築分野の断熱材市場においては、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)仕様の住宅が急増したこともあり、高性能発泡ポリスチレン断熱材である「ミラフォーム®Λ(ラムダ)」の需要が年々増大しております。更なる市場拡大のために、低熱伝導率化技術の改良や、新高性能断熱材の開発を引き続き進めております。そしてそれらを市場投入していくことにより、省エネルギー社会へのより一層の貢献を目指してまいります。
また、無発泡の分野においては重く割れやすいデザインガラスの一部代替として既にチェッカーガラス調とモールガラス調のデザインシートを市場投入しており、需要拡大のために、新たな柄と簡易成形方法の開発を進めております。

- 混練技術および多層化や複合化技術を利用した高機能な押出発泡製品の研究開発を行っています。

知的財産室(鹿沼研究所内)

- 海外を含めたJSPグループの戦略的なグローバル知財マネージメントを推進しています。

ページの先頭へ